Topics

1/10RCワイルドワンオフローダーBLOCKHEAD MOTORS
【タミヤ】BLOCKHEAD MOTORS仕様の1台

TextKazuma NOMOTO(Daytona)

2022.1.6

クルマ好きが思わず惹かれる実車モチーフのデザイン

 

本誌で『デイトナRCカーグランプリ』を連載するだけあって

デイトナ編集部周辺にも、RC愛好家は多い。

その多くはクルマやバイクが好きな趣味人で、そんな人たちとの会話の中で

頻繁に話題になるのが「BLOCKHEAD MOTORSのマシン、カッコイイよね!」という話。

 

誌面にも登場頂いているグラフィックデザイナー、JUN WATANABEさん(以下ジュンさん)RCカーブランド、『BLOCKHEAD MOTORS(BHM)』。タミヤのRCモデルを中心としたカスタムマシンを製作し、オリジナルのステッカーやアパレルを展開しつつ、“順位を競うレースだけじゃなく、もっと気軽にRCを楽しむ“というコンセプトのもとで独自の走行会イベントを開催するなどRCライフを提案している。

 

ジュンさんが作るマシンの特徴は、アメリカなどで開催されているオフロードレースの参戦マシンをモチーフにしたカラーリングのスケール感ある仕上がり。ベースとなるのはタミヤのオフロードバギーが中心で、今回紹介するワイルドワンオフローダーはその代表的なカスタム例なのだが、そんなBHM仕様が製品化されたのである。

 

1/10RCワイルドワンオフローダーBLOCKHEAD MOTORS

 

架空のスポンサーロゴやゼッケンが雰囲気アップのポイント

 

ジュンさんが作る“実車っぽい”BHM仕様のポイントは、車体のデカールやゼッケン。

実際のレース参戦マシンを観察し、ゼッケンを大きく貼り出すだけでも雰囲気は変る。

同時に車体に描かれるスポンサーデカールは貼り付け位置にもひと工夫。例えばタイヤやサスペンションなら車体下部(タイヤの近く)に描くという、実車の手法を取り入れている。

 

これまでにも実車っぽくRCを楽しむ人はいたはず。でも今回のモデルが登場したことで、実車テイストでのRCカスタム、遊びを楽しむ人が一層増えそうな予感。それぐらい、クルマ趣味人たちの間で「ワイルドワンオフローダーBLOCKHEADS MOTORS」は注目を集めている。

 

 

パーツメーカー風ロゴもイチから制作。架空ながらも色合いやデザインなど、アメリカンな雰囲気漂うテイストに仕上げられている。

既存モデルのワイルドワンにはない実車風パーツとして、ウインドウネットとゼッケンを装備。ゼッケンは好みの数字を書き込んで楽しむこともできる。

フロントはリブパターン、リアはオーバルブロック&スパイクタイヤ。ホイールはシルバーメッキで実車感を高めている。

樹脂製のABSボックスフレームを採用。リアエンドに密閉式ギアボックスを配置している。各部にメッキパーツを使用することで車体全体としての金属感を演出している。

サスペンションは前後ともにアルミシリンダー製オイルダンパーを装着したトレーリングアーム式。ドライブシャフトのジョイントは耐摩耗性に優れるドッグボーンタイプでダストブーツを装備してオフロード走行の信頼性を高めている。

BLOCKHEADS MOTORS代表のJUN WATANABEさん。製品化に際し、ボックスイラストも約3ヶ月掛けて描いた。あわせて1980年代のタミヤCMを意識したPV動画も制作するなどジュンさん自身の思い入れも強い。【YouTube】BLOCKHEAD MOTORS 80年代風PV

【YouTube】1/10RC ワイルドワンオフローダー BLOCKHEAD MOTORSの走りを動画でチェック!

ページトップへ戻る