Topics

1/10RCアスチュート2022 (TD2シャーシ)
【タミヤ】受け継がれるタミヤ2WDバギーの系譜

TextKazuma NOMOTO(Daytona) 

2022.04.07

タミヤRCの礎を築いた2WDバギーという存在

 

思わず「へぇ〜」の声が漏れる内容だった。

タミヤの公式YouTubeチャンネルで先月LIVE配信された

「アスチュート発売記念!!タミヤ歴代2WDバギースペシャルとタミヤRCヒストリー34

 

新モデル、アスチュート2022の今月発売に先立ち、

“パイセン“こと、タミヤの前住諭さんと

TRF(タミヤレーシングファクトリ―)の河野隆之さんが繰り広げたトークだが

話の主体はタミヤの2WDバギーの歴史について。

 

結果として2WDバギーに対する溢れる思いをパイセンがひたすら語る、という

内容で微笑ましく最後まで聞いているうちに

2WDバギーを走らせたい!」という衝動に駆られるはずなので、

ぜひ皆様にもご覧頂きたいのである。

 

1/10RC アスチュート 2022 (TD2シャーシ)

 

2WDバギーは4WDモデルの廉価版にあらず!

 

トークの詳細については動画でご確認頂くとして、

パイセンのコメントで興味深かったのは

2WDバギーがタミヤのRCにとって不可欠な存在だったということ。

 

アメリカのオフロードレースを走る実車バギーに着想を得て

1979年に発売されたタミヤ初の2WDバギーが“バギーチャンプ”。

そこから始まる2WDバギーの系譜の中でRCブームを盛り上げた

名作モデル、“グラスホッパー“や“ホーネット”も誕生する。

もし、2WDバギーの存在がなければRCブームの加熱も、我々世代が

RCに夢中になることもなかったのかも知れないのだ。

 

タミヤRCの歴史において、重要性を再認識させられると同時に、

2WDバギーに対する認識の甘さを深く反省させられた。

その価格差だけで、4WD2WDと思い込み、

いつかは4WDモデルと願いながら、

オトナになった自分はいかに無知だったのか……。

 

アスチュート2022に対して最初に抱いた印象も

「へぇ〜!かっこいいじゃん。アバンテの2WD仕様かな!?」程度。

 

『ラジコンボーイ』からRCブームの波に乗った自分にとって

公園や庭先が舞台で、サーキットとは無縁。

しかも全日本や世界選手権の舞台で戦うことを前提とした

レーシングバギーなど、もはや未知の領域だった。

 

そんなところに、パイセンのひと言が突き刺さる。

RC2駆を制するものが世界を制す」

 

曰く、グリップ力の低いオフ路面で2WDを速く走らせるには

一番トラクションが掛かるポイントをスロットルワークで探り出して

効率よく加速させることが必要なのだと。

オンロードや4WDだけでは養えない技術で、

つまり2WDバギーはRCテクニックの上達にもってこいなのだ、と!

 

というわけで、今、私は間もなく発売開始の

アスチュート2022の商品情報を眺めながら

左手の人差し指をクイックイッとイメージトレーニングに励んでいる。

)重量物となるバッテリーをシャーシの後部寄りに横置きして駆動輪に荷重をかける後輪駆動のTD2シャーシ。右)モーターはバッテリーの後部に横置きマウントされる。

)インボードタイプのフロントサス。サスアームに25度のアタックアングルがつき、CVAダンパーもほぼ同等の角度で装着することできる。右)アッパーアームはキャンパー角が調整可能なターンバックルを使用。

)CVAオイルダンパーには前後ともボディカラーとコーディネートされたレッドのコイルスプリングを装着。右)リアウィングは2種類のスペーサーでダウンフォースの調整が可能。

)サイドポンツーン前部側面は無塗装で仕上げてシースルー化。右)アップライトにビス止めするポリカーボネート製のフロントフェンダーなど細部にも個性が光るデザインはツナグデザインの根津孝太氏が担当。

方向安定性に優れるリブパターンのフロントタイヤ。リアは太めのスクエアスパイク。リアからフロントにかけて尖るような2WDバギー独特のフォルムを生む前後タイヤ。ホイールは前後ともにスターディッシュホイール。

YouTube1/10RCアスチュート2022 (TD2シャーシ)の走りを動画でチェック!

 

ページトップへ戻る