Topics

デイトナ最新366号掲載
ドラマは西部警察。野球はライオンズ。       80年代は“セイブ”が熱い

Text/Daytona

2023.04.13

見るモノ、すべてが輝いていた懐かしい思い出

現在発売中の最新366号には「Back to The 80‘s」を掲載。

4050歳が読者層の中心である本誌デイトナ。そのデイトナ世代が過ごした

80年代を振り返り、見るもの、触れるもの、すべてに興奮していたあの頃の情熱を

呼び起こそうという、人生回顧企画である。

 

先日、日本全国を熱狂させたWBCの余韻に浸りつつ、思い返すのは

80年代後半から、日本プロ野球界で圧倒的な強さを誇った西武ライオンズ。

野球少年だった自分にとっては「日本シリーズ=西武ライオンズvsセ・リーグ」。

そんな記憶をキッカケとしつつ、“80年代ネタ”を探してみると令和の時代にも

アップデートされている新商品情報も多い。

 

たとえば『トミカリミテッド ヴィンテージ 西部警察』。

1/64スケールのLV-NEOシリーズにスカイラインの白黒パトカーと、セドリック覆面パトカー(6月発売)が登場。スーパーZやマシンX、マシンRS-1/RS-2/RS-3だけでなく、作品を彩る劇中車にも抜かりないコダワリに、メーカーの担当者も同世代じゃないかとシンパシーを感じる次第である。

/LV-NEO西部警察Vol.25日産スカイライン2000GTパトロールカー(3850)。カーアクションでは主役級の存在感を発揮する白黒パトカー。右/捜査のアシとして使う覆面パトカーは6月発売予定。LV-NEO西部警察Vol.26日産セドリック200E GL覆面パトカー(4180)©石原音楽出版社版商品化許諾済

Daytona366Back to the 80’s(P94掲載)

他にも情報満載のデイトナ最新号は絶賛発売中‼

 

そんな懐かしの80年代企画のほか、366号では巻頭特集『プロフェッショナルに会いたい』。長年、その道のプロとして活躍し続けている人々に聞く“人生の楽しみ方”。ご登場いただくのは建築のプロ/隈研吾、酒場のプロ/なぎら健壱、動物研究のプロ/パンク町田、自動車チューニングのプロ/スモーキー永田、有機農法のプロ/吉田俊道(敬称略)

ゼンマイこそが目指すべき未来!?

 

所さんが収集する1950年代前後に生産された、ゼンマイのオモチャたち。不具合を手探りで修理したり、ゼンマイのオモチャと真剣に向き合う所さんの日常が垣間見える、今号の世田谷ベースなのでありました。

 

最新366号はコンビニや書店はもちろん、電子書籍でも購入可能。

Daytona No.366

 

dマガジン

での配信もスタート!

Kindle Unlimited

ならバックナンバーも読み放題です!!

Daytonaバックナンバーのご購入は

コチラ

ページトップへ戻る