Daytona No.289
90年代がカッコイイ!! 俺たちのビンテージ

Text: Daytona

2015.06.05

クルマもバイクもゲームもファッションも音楽も、今なお名品と言われる数々の商品が生まれた90年代。バブルがはじけちゃって日本経済の歴史においては“失われた10年”なんて言われた時期だけど、その代わりにパワフルだったのは若者。当時のユースカルチャーは今になってリバイバルが起きるほどに強烈でクールなものだったんです。今回のデイトナの巻頭特集では、そんな90年代をカッコ良く生きる上で重要だった、色んなプロダクトを一挙紹介いたします!!

特集タイトルは「俺たちのビンテージ」。“ビンテージ”っていうと、一般的には10年20年前どころじゃない、もっともっと時間が遡った物のことを指しますよね。

でも、30代前半から後半の我々デイトナ編集部員にとって、古き良き懐かしさを感じる時代はやっぱり90年代。だからこそあえてここではビンテージと謳っているわけなのです。

 

今回の特集はアメ車、バイク、スニーカー、MTB、ゲーム、オモチャ、NBA、ターンテーブル、ヒップホップ、ファッションの10ジャンルで展開。ジャンルを並べるだけで商品の姿をほぼ完璧に思い出すことが出来る、それが90年代なのです。

このシボレー・カプリス・ワゴンもその一つ。当時、ローライダー系カスタムのベース車としてアストロと人気を二分したクルマで、掲載モデルは内外装をワインレッドで統一された珍しい1996年式。

ナイキのエア、リーボックのポンプ、アシックスのゲル等々、運動靴としてのスニーカーがもつポテンシャルをさらに引き上げる機能を追加した、いわゆるハイテクスニーカーのブームが起こったのも90年代。

説明不要の名マンガ、スラムダンクの影響もあり、日本でもNBAは大人気でした。そこから派生してストリートで流行りに流行ったのがNBAプレイヤーが履くハイテクなバッシュ。ジョーダン、ピッペン、シャックにペニー……。あぁ、懐かしい……。

打って変わってこちらは、“空のF1”とも“世界最高峰の飛行機レース”とも呼ばれている今、最もアツいレッドブル・エアレース。

先日、日本初上陸を果たし、約12万人が来場したというこのレースのレポートも掲載しております。

そして最後は、約30年ぶりに復活を果たしたオーストラリアの名画『マッドマックス』の新作レビュー。何もかもがむちゃくちゃだったけど、激しい画と斬新なストーリー、キャラクターがその後の映画だけじゃなく、様々な分野(格闘技やマンガ等)でも引用された過去のマッドマックス。

皆が大好きで憧れたその世界観は新作でも残っているのか、はたまた、全く新しいものに生まれ変わってしまったのか。

日本公開は6月20日(土)。まずこちらで予習してから観るのがオススメですよ~

ページトップへ戻る