Current Issue - デイトナ編集部がおくる新しい本

  • DaytonaNo.282

  • SETAGAYA BASENo.27

  • Harley-DavidosonBible

Daytona No.282
世界一になりたいのだ!!

Text: Daytona Photo: Takayuki Haneta

2014.11.06

毎月締切が終わると行われる編集会議にて、「なんとなくつまんないなあ~って生きてる人ってたくさんいるじゃん? でも目標があれば、毎日が楽しくなるよね。その目標は何でもよくて、自分の好きなことを極めれば、誰だって何かの世界一になれるんじゃないかな」と言う編集長が編集スタッフに見せた1本の動画がありました。それを皮切りに作られたのが今回の巻頭特集です。BMX、ヨガ、ポーカー、ボルダリングと、世界中には様々な競技があります。今からでも決して遅くはない、人生を楽しむべく新しいことにトライしてみるのもありなんじゃないでしょーか?

まず今月の世田谷ベースは所さんがハマりにハマって早朝から作業にはげんでいるというモデルガンのブルーイング。ブルーイングとは、鉄を錆びさせて着色すること。使用前のモデルガンは綺麗な塗料がべっとりと塗られているわけですが、そこに使用感を出すべく磨き、塗り足し、研磨を繰り返すのです。

そして以前から制作過程を掲載していた、ダイタイ時計の次を行くアイテムの予約受付を開始しました! ステンレス製の時計、ではなく「コインスタッシャー」という名前のコインケースなのです。500円玉を4枚、こっそりと忍ばせられるユニークなアイテムです。

世田谷ベース コインスタッシャー

¥12,960

> ご予約はこちらから!!

そして前述の通り、巻頭特集は「世界一になりたい!!」と題し、日本人の世界チャンピオン、ユニークな競技をご紹介。世界一になること、何だかあまりにハードルが高すぎて無理、と高を括ってはいけません。ここでご登場頂いているチャンピオンたちの声に共通しているのは、その競技が好きであるということ。誰だって好きなことを突き詰めれば、牙城を築くことが出来るかもしれません。

こちらは編集長の永田がスタートさせた新連載。バイクもクルマもそれ以外でも、とにかく改造したがりのカスタム・ジャンキーの動向に迫り、布教し巨大な組織にしていこう!というもの。初回はスタートということもあり、各人の構想をお披露目。今後どうなっていくのか、要注目!

最後に、近づいてきた冬の到来に備え、薪ストーブをフィーチャーしています。夢に見たことはあってもなかなか実現には至っていないという方も多いのでは? でも、最近は室内外で使用可能、かつリーズナブルなモデルも多数販売されています。暖をとったり、料理を楽しんだり、寒い冬を楽しむために、是非ご参考下さい。

SETAGAYA BASE No.27
世田谷ベース的“人生論” 楽しく生きるアイディア満載!!

Text: Daytona Photo: Takayuki Haneta

2014.11.05

毎日を楽しく幸せに過ごしたい。って思ってても明確な答えはすぐには見つからない……。ならば、“遊びの天才”所さんに聞いてみよう!! ということで、今回の世田谷ベースは“世田谷ベース的人生論”と題し、所さんが実践している『人生を楽しむコツ』を伺ってまいりました。

テーマは10個。家族円満、生活、休日、仕事、クルマ、バイク、空間、洋服、家庭菜園、ペット。明日から使える、のではなく、明日から考えられる、物ではなく所さん流の考え方の提案となります。

次からは少しだけ所さんの御言葉を紹介。最初から最後まで読めば浄化されるかも、と思えるくらいの貴重な御言葉の数々が並んでいます。

「つまんないって思ってる人はつまんないし、幸せだなって思う人は幸せだし」

「バイクもクルマも重要なのはシルエットだよね」

「みんなルール通り。俺はLだからL。全部のLが自分のLじゃないから」

「ペットはあくまでペット。私を喜ばす生き物」

サンダンス柴崎武彦のH-Dエンジン工学
Harley-Davidson Bible

Photo: Takayuki Haneta(digni)

2014.07.30

空冷の大排気量V型2気筒という旧式エンジンを維持しているハーレー・ダビッドソンに、一般的なチューニング法をそのまま持ち込んでしまうのは、とても適正な方法とは言えません。ハーレー・ダビッドソンエンジンの実テストから得られた事実結果がすべてであり、そのデータに基づく考え方と新たな方法が必要なのです。それが私(著者、柴崎“Zak”武彦氏)の提唱する実践的なハーレー・ダビッドソン版T-SPEC理論です。
※ 本書より一部抜粋したテキスト。

ハーレー・ダビッドのエンジン、各パーツにフォーカスを当て、適切なチューニング方法を約210ページに渡り掲載しています。

柴崎氏が手掛けたハーレー・ダビッドソンを70に渡り紹介しています。

※ 写真は「Daytona Weapon II(1997)」 270~275ページに掲載。

「Super XR1200-DT “JAY”(1995)」 234~235ページに掲載。

「QuickSilver(2010)」 258~261ページに掲載。

ページトップへ戻る