Current Issue - デイトナ編集部がおくる新しい本

  • DaytonaNo.279

  • SETAGAYA BASENo.26

  • Harley-DavidosonBible

Daytona No.279
バイクとクルマと楽しくクラス方法

Text: Daytona Photo: Kentaro Yamada

2014.08.06

クルマやバイクは毎日を楽しむ為のツールである。『何ていうクルマに乗るか』というのも重要だけど、『クルマやバイクを使って毎日をどう楽しむか』という部分はもっともっと大切な要素なのである。今回はそのことを徹底的に模索してみます!!

まずは巻頭特集。クルマ遊びの王道であるカスタムを3つの事例を元にご紹介しています。カーカスタムはついつい肩肘を張ってしまうものだが、やり過ぎは御法度。ちょっとしたセンスの匙加減でクルマは見違えるほどカッコ良くなるのです。

こちらは巻末。バイク乗りの憧れと言えばハーレーダビッドソンに違いない。やっぱりハーレーが欲しい。夜寝れないくらいハーレーに恋焦がれている。でも高い……。という方の夢を叶えるべく中古かつ穴場ハーレー講座も展開しています!

TVドラマ『西部警察』における団長こと大門圭介の相棒、日産・サファリ特装車も特別に撮り下ろさせて頂きました! 30年以上も前のドラマですが実車はピカピカ。素晴らしい保存状態でした。細かなディテールまで迫っていますので、西部警察ファン必見です!

そしてそして!連載「世田谷ベース」では、新作の「ジョージモータース」Tシャツの全デザインをご紹介しています。今月から2モデルずつ、100枚限定で販売されるので、要チェックですよー。> 新作「ジョージモータース」Tシャツ リリース第一弾特設ページ

SETAGAYA BASE No.26
世田谷ベース的アメ車ガイドブック

Text: Daytona Photo: Kentaro Yamada

2014.08.06

アメリカ車に乗るならば、やっぱり世田谷ベースにあるモデルに乗ってみたい。でも、買いたくても売り物に巡り会うのもなかなか難しいというのが実情です。ということで、世田谷ベース編集部が日本中の売り物からこれぞという物件を探してきました!

ページをめくると、そこには今買える上質物件がズラリ。所さんの愛車のディテールと共に、世田谷ベース的アメリカ車の世界を想像するも良し、売り物を見に行くのも良し、思い切って買ってしまうという手も大アリなのです!

今回出てくるのは「POTIAC FIREBIRD TRANS AM」「CHEVROLET CORVETTE」「PLYMOUTH ROAD RUNNER」「CHEVROLET CAMARO」「DODGE CORONET」「FORD BRONCO」の6台!!

こちらは所さんが現在持っているC2コルベットを掲載している28、29ページ。元々ナンバーズマッチのフルオリジナルで素晴らしいコンディションでしたが、さらなるブラッシュアップが施されているのです。

所さんがアメリカの西海岸に直接買いに行ったブロンコ。現地で最もコンディションの良かった個体を輸入したのですが、蓋を開けてみると中途半端なレストアが施されていたため、日本で完璧な状態まで仕上げられました。どんなに細かいトラブルも、所さんは見逃さないのだ!

サンダンス柴崎武彦のH-Dエンジン工学
Harley-Davidson Bible

Photo: Takayuki Haneta(digni)

2014.07.30

空冷の大排気量V型2気筒という旧式エンジンを維持しているハーレー・ダビッドソンに、一般的なチューニング法をそのまま持ち込んでしまうのは、とても適正な方法とは言えません。ハーレー・ダビッドソンエンジンの実テストから得られた事実結果がすべてであり、そのデータに基づく考え方と新たな方法が必要なのです。それが私(著者、柴崎“Zak”武彦氏)の提唱する実践的なハーレー・ダビッドソン版T-SPEC理論です。
※ 本書より一部抜粋したテキスト。

ハーレー・ダビッドのエンジン、各パーツにフォーカスを当て、適切なチューニング方法を約210ページに渡り掲載しています。

柴崎氏が手掛けたハーレー・ダビッドソンを70に渡り紹介しています。

※ 写真は「Daytona Weapon II(1997)」 270~275ページに掲載。

「Super XR1200-DT “JAY”(1995)」 234~235ページに掲載。

「QuickSilver(2010)」 258~261ページに掲載。

ページトップへ戻る