Current Issue - デイトナ編集部がおくる新しい本

  • DaytonaNo.286

  • FAMOSOALL STARS

  • SETAGAYA BASENo.27

Daytona No.286
脱ビッグバイク宣言

Text: Daytona Photo: Takayuki HANETA(digni)

2015.03.07

原付から始まったバイク人生。年齢を重ねるごとに排気量も上がっていき、いよいよ上り詰めた限定解除。おsれこそが最終着地点か。と思ったら、その対極にある楽しい世界を発見しちゃいました。

大きいばかりが能じゃない!脱、ビッグバイク宣言。

今回の世田谷ベースは表紙にも掲載しているヴィンテージチェアのお化粧直しからスタート。アメリカからじゃんじゃん輸入しているヴィンテージチェアをオリジナルで楽しむのも良いけど、オリジナリティを与えるために生地の張り替えをし、そのビフォア&アフターを楽しむというのが世田谷ベース流。

小さいボディから溢れだすこだわりのカスタム。数年かけて作られたジオラマの世界、キャブレターのファンネルまで再現された1/43のフルスクラッチモデルカー、あるいは小さなケースに複雑な機構が内蔵された機械式腕時計を目の当たりにした瞬間に感じるトキメキに近いものをバイクに感じてしまった……。「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、今回はその言葉は当てはまりません。無限の可能性を秘めた小さな宇宙へ、ようこそ。

SMALL IS THE NEW BIG!!

作例を1つだけご紹介。

我々が70~80年代に夢見てデザインした“未来的”なる物のほうが、今、つまり21世紀に存在しているプロダクトよりも未来度が高い、という面白い矛盾が起きている。

ここに掲載されているホンダ・スペイシーは80年代の未来感が凝縮されたスクーターだ。登場は82年。直線基調のボディデザイン、メタリックのボディカラーなどなど……。そんなスペイシーのカスタムモデルにここではフォーカスを当てています。

まばゆく光り、レーザーのように残像を残して突っ走る個体。SF映画の象徴的な存在、それはロボットを彷彿させるクルマやバイクたちだ。だけど、一向にそんなものは現れない。強いて言えば、特別な人の前にしか登場しないコンセプトモデルくらいである。僕等が夢見た近未来の世界はまだまだ先なのか……と残念がることはない。人口知能は積めなくても光りの残像を残して突っ走ることくらいは出来そう、と思えてきたのだ。その答えは140ページから明らかに~。

クルマやバイクも良いけれど、今号は珍しくレザークラフトも特集。敷居が高いのでは?とお思いの方。ノンノン。ちょっとの知識と道具くらいを用意しておけば自分の手で出来てしまいますよ。オリジナルのレザーアイテムを自らの手で作れたら楽しくないですか?

ここでは匠のインタビューや財布やペンケースなんかのレザープロダクトで誰もが想像しやすいもの以外の作例だったり、今日から始められるキットもご紹介~。

FAMOSO ALL STARS
Fiction Scoop Magazine Special Selection

Text: Daytona Photo: Takayuki Haneta

2015.01.06

今から遡ること約6年前、ビートたけし編集長、所ジョージ副編集長のもと作られたFAMOSOが復活! 最初から最後まで全て嘘。FAMOSOは事実をありのまま伝えるべきスクープを、あえて両氏のキワッキワなギャグセンスによって作り上げてしまうという前代未聞の雑誌でした。今回、満を持して発売されたFAMOSO ALL STARSは、これまで出版してきたFAMOSOの1~4の中でもとりわけ強烈な記事を一冊に纏めたスペシャルブックです!!

ここからはちょこっと誌面をご紹介。

まずは伝説の暴走族と言われた(?)「生殺し」の行方を追ったスクープ。足立区を拠点として箱乗り、信号無視といった身の毛のよだつ暴走(?)行為を繰り返してきた生殺しが、なぜかテキサスにて生活している、というもの……。

また、生殺しの特攻服に刻まれた刺繍文字にも要注目。

由緒も礼儀も正しそうなイメージがある茶道における家元だが、日本の人口の約3分の1ほどの5千万人もの弟子を抱える巨大組織、万家は裏ではドロドロの関係のようだ。

何やら、絶大な人気を誇ると言われる「青達磨」というものを巡って分派争いが拡大しているらしい。写真は、表万家56代家元の万竿入(右)と裏万家56代家元の万玉入(左)による争いをおさめた貴重(?)な一枚………。

北野編集長、所副編集長もご愛用されているという、誰でも別人のように変身出来ると謳われるお手軽ウィッグの「特盛り君(76万9800円)」や、「ビタミンCは包丁の1万倍」「ヒアルロン酸はまな板の50万倍」「鉄分は、電卓の100万倍」などという完全に意味不明な触れ込みのお薬「ニャベジン」など、奇天烈のアイテムを多数ご紹介しております。

広告だって嘘っぱち!

「スープの素は熊一頭。国産のツキノワグマに鮭をくわえさせ、利尻昆布のフンドシを締めさせて、巨大釜で三日三晩煮込み、その上澄みだけを使う」なんだかスゴそうだけど、味の想像が全くつかないダシが有名(?)なくまちゃんラーメン。何やら大儲けをしているとのことで、その舞台裏にも潜入!

店主の目の前にあるズンドウには何とも残酷な光景が!!

SETAGAYA BASE No.27
世田谷ベース的“人生論” 楽しく生きるアイディア満載!!

Text: Daytona Photo: Takayuki Haneta

2014.11.05

毎日を楽しく幸せに過ごしたい。って思ってても明確な答えはすぐには見つからない……。ならば、“遊びの天才”所さんに聞いてみよう!! ということで、今回の世田谷ベースは“世田谷ベース的人生論”と題し、所さんが実践している『人生を楽しむコツ』を伺ってまいりました。

テーマは10個。家族円満、生活、休日、仕事、クルマ、バイク、空間、洋服、家庭菜園、ペット。明日から使える、のではなく、明日から考えられる、物ではなく所さん流の考え方の提案となります。

次からは少しだけ所さんの御言葉を紹介。最初から最後まで読めば浄化されるかも、と思えるくらいの貴重な御言葉の数々が並んでいます。

「つまんないって思ってる人はつまんないし、幸せだなって思う人は幸せだし」

「バイクもクルマも重要なのはシルエットだよね」

「みんなルール通り。俺はLだからL。全部のLが自分のLじゃないから」

「ペットはあくまでペット。私を喜ばす生き物」

ページトップへ戻る