Current Issue - デイトナ編集部がおくる新しい本

  • DaytonaNo.281

  • SETAGAYA BASENo.26

  • Harley-DavidosonBible

Daytona No.281
今すぐ乗ってみたい 世界の気になるタノシイ乗り物2014

Text: Daytona Photo: Yasuhiro Yokozawa

2014.10.07

“タノシイ”をキーワードに世界中に存在する魅力的な乗り物を大特集! アメリカで話題になっているサイドバイサイドから、スノーモービルを越える楽しさを持つ雪上マシンなどなど。乗り物好きが多いデイトナ読者にはガツンと響くものばかりです!!

まずはお馴染み世田谷ベース。今回はクルマが絶対の格好良くなっちゃう魔法のカスタム、と言えるチェッカーフラッグをフェラーリに貼るところからスタート。クルマに時計、アンティークと、所さんが最近何で遊んでいるのか、皆さんものぞいてみて下さい。

そして上述の通り、巻頭特集はタノシイ乗り物たち。クルマやバイクももちろん良いけれど、みんなの心をワクワクさせる乗り物は世界中にたくさん存在します。日常で使えるものから、アクティヴィティとして楽しむ前提で作られているものまで。山でも海でもオフロードでもタノシイものが盛りだくさん!

特集の中面をチラ見せ。右ページは一見子供用のカートみたいに思えてしまうけど、マックス体重64kgと大人でも耐えられる代物。カート乗りのデイトナ編集長に、操作が結構ムズいと言わせてしまうほどですが、乗りこなせればクレイジーなドリフト体験を存分に味わえます。

もうなんだか玉突きの事故後や地獄絵図のように見えてしまいますが、こちらはアメリカで行われているレースの一つ。DEMOLITION DERBY、つまり自動車を破壊し合うという末恐ろしい競技です。日本ではまず見られない、白熱した現場のレポートをお届けします。

まさに打って変わっての日本茶の新しい世界もご紹介しています。世田谷ベースではコーヒーのあと必ずお茶が出るということで、コーヒーブームが進むなか、あえてお茶を特集。急須をもってない、ペットボトルのお茶くらいしか飲まない、という方に特にオススメしたい、新しいお茶の楽しみ方を提案しています。

SETAGAYA BASE No.26
世田谷ベース的アメ車ガイドブック

Text: Daytona Photo: Kentaro Yamada

2014.08.06

アメリカ車に乗るならば、やっぱり世田谷ベースにあるモデルに乗ってみたい。でも、買いたくても売り物に巡り会うのもなかなか難しいというのが実情です。ということで、世田谷ベース編集部が日本中の売り物からこれぞという物件を探してきました!

ページをめくると、そこには今買える上質物件がズラリ。所さんの愛車のディテールと共に、世田谷ベース的アメリカ車の世界を想像するも良し、売り物を見に行くのも良し、思い切って買ってしまうという手も大アリなのです!

今回出てくるのは「POTIAC FIREBIRD TRANS AM」「CHEVROLET CORVETTE」「PLYMOUTH ROAD RUNNER」「CHEVROLET CAMARO」「DODGE CORONET」「FORD BRONCO」の6台!!

こちらは所さんが現在持っているC2コルベットを掲載している28、29ページ。元々ナンバーズマッチのフルオリジナルで素晴らしいコンディションでしたが、さらなるブラッシュアップが施されているのです。

所さんがアメリカの西海岸に直接買いに行ったブロンコ。現地で最もコンディションの良かった個体を輸入したのですが、蓋を開けてみると中途半端なレストアが施されていたため、日本で完璧な状態まで仕上げられました。どんなに細かいトラブルも、所さんは見逃さないのだ!

サンダンス柴崎武彦のH-Dエンジン工学
Harley-Davidson Bible

Photo: Takayuki Haneta(digni)

2014.07.30

空冷の大排気量V型2気筒という旧式エンジンを維持しているハーレー・ダビッドソンに、一般的なチューニング法をそのまま持ち込んでしまうのは、とても適正な方法とは言えません。ハーレー・ダビッドソンエンジンの実テストから得られた事実結果がすべてであり、そのデータに基づく考え方と新たな方法が必要なのです。それが私(著者、柴崎“Zak”武彦氏)の提唱する実践的なハーレー・ダビッドソン版T-SPEC理論です。
※ 本書より一部抜粋したテキスト。

ハーレー・ダビッドのエンジン、各パーツにフォーカスを当て、適切なチューニング方法を約210ページに渡り掲載しています。

柴崎氏が手掛けたハーレー・ダビッドソンを70に渡り紹介しています。

※ 写真は「Daytona Weapon II(1997)」 270~275ページに掲載。

「Super XR1200-DT “JAY”(1995)」 234~235ページに掲載。

「QuickSilver(2010)」 258~261ページに掲載。

ページトップへ戻る