Daytona No.290
5メーター越えの快感 フルサイズアメリカンが欲しい!!

Text: Daytona

2015.07.06

誰もが憧れる、あるいは憧れはしないかもしれないけど圧倒された経験があるだろうアメリカンフルサイズ。エコだなんだって、今や身体はデカいのに肩身は狭い悲しい想いをしている存在になってしまったが、過去は権力や富の象徴で、人生のサクセスには欠かせないクルマだった。重厚なボディ、煌びやかな装飾、デカい図体を運ぶ大排気量のエンジン。クルマに乗ること、クルマを買うこと。特別なことではなくなってしまったそれらを今こそ見直したい。というわけで、今月の巻頭特集はアメリカンフルサイズ!!

戦争が終わった1950年代以後、景気の回復によって消費が拡大したアメリカ。物欲が旺盛になり、広大な国土が歴史あるカーブランドを肥大化させていった。大きさが価値そのものになり、車体も排気量もデカくなった。

そのブランドにおける二大巨頭と言えばキャデラックとリンカーン。陸の王者だったこの二者を代表するフルサイズセダンの紹介から本巻頭特集はスタートします。

こちらはリンカーン・タウンカーの2代目。当時、フラッグシップに位置づけられていたコンチネンタルのトップグレード名だったタウンカーは、1981年に独立しモデルとなり2011年まで3世代に渡り生産された。

サイズは全長5563×全幅1948×全高1422mm。スクエアなボディはアメ車のセダン然とした風貌だが、リンカーンはキャデラックより空力を積極的に考えていたそうでCd値も意識されたデザインだという。

ちなみに掲載車の価格は158万円。

先にも軽く触れたが、フルサイズは日本の住宅/生活環境から遠い存在になりつつある。ただ、そういったマイノリティな存在だからこそ根強いファンをもつ。

今、日本でフルサイズに乗っている人はどういう生活を送り、どういう理由でそのクルマを選んだのか。乗らない人は想像すらつかない(と思う)フルサイズオーナーの考え方、ライフスタイルにフォーカスした事例紹介も行っています。

こちらはシボレー・エクスプレスを所有する、水戸で「マックカスタムデザイン」の屋号でピンストライパーとして活躍する二宮さんです。

ってなわけでシリアスな感じはここまで。

デイトナの人気連載DCC(デイトナ・カスタム・クラブ)では、今回も良い年のおじさんたちが汗をかきかき自らの手でクルマ&バイクをカスタムしております。先日、ウェザリングペイントマスターのペイントファクトリー工藤さんがZ3のカスタムを終え一抜けしましたが、今月で弊誌編集長永田のハーレーも完成。新たに仲間に加わったクルマは本誌でチェックしてね。

いやはやなんですかね、このシュールというか怪しげな写真は。白装束の5人衆の後ろに写っているのは、DCCの中でも特に異彩を放っているボロ車(失礼)、DMCの遠藤さんのポーター。まだまだ地道な作業が続いているようですが、今回でようやく見えてきた??

ページトップへ戻る