Daytona No.297
究極のハーレーダビットソン 堂々完成!

Text: Daytona

2016.02.05

所さんのハーレーがサンダンスの手によって2000ccの2キャブ・ビックツインをマウント。さらなる進化を遂げ、SUPER XR-TC 堂々完成!

CB250も完成し、トリシティもひと段落。カスタムプロジェクトも少しお休みかなぁと思いきや、新たなマシンが完成するわ、新しいプロジェクトも始動するわと、春に向けて盛り上がり続ける世田谷ベース。今月も、所さんは鋭意活動中でございます。

クラッチとミッションを駆使して、バイクと同じ様にライディングできる悦び。良い意味で、“ビンテージさ”を感じさせてくれるスタイリングや、スチールモノコックフレームが持つその素材感。各モデルに対するウンチク話やメーカーヒストリー。そしてカスタムの方向性やチューニングパーツだって山のようにある。そんな様々な楽しみ方を内包する存在を忘れていた。流行なんかとは無縁の魅力を放つ、今だから乗りたい定番中の定番。今回の特集では、改めてベスパが持つ無数の可能性を考えてみた。

モーターショーに行けばクルマの未来が、ゲームショウに行けばゲームの未来が見える。だから世界最大の家電見本市CES に行けば、我々の生活の未来の姿が見えてくる。IT 革命以降加速度的に進化していく家電とその周辺世界を覗いて、未来を感じてみませんか?

アメリカには約1万8000館もの大小様々な博物館があるという。この特集では、その中でもテーマがギュッと絞られた博物館や少し変わった趣向を持つユニークな、並々ならぬ愛情やこだわりが伝わってくる博物館にフォーカスしてみました。そのような深い情報やヘンタイ性を垣間見ると、こちらも嬉しくなって思わず「そこかいっ?」とツッコミを入れたくなるほど。なぜならその背後には面白いストーリーが潜んでいることを感覚的に感じるからだ。そういうストーリーこそが、博物館を楽しむ秘訣であるとデイトナ的には思うのだ。限られた枠内で、その魅力を十分に伝えることは難しいだろう。しかしこれはあくまでもガイドである。ガイドを手に己の知的好奇心を満たす旅にでるのは、あなた自身なのだ。

一千馬力越えのモンスター巨大マシンの中身とは一体? 既存のSUVをベースに、ラダーフレームを改造してデカいタイヤを履いたマシン。っていうのはその昔のモンスタートラックでしたが、モンスタージャムを走るのは、パイプフレームで作られた専用マシン。エンジンはミドシップだし、脚廻りは専用設計だし、その作りはまさしくレーシングカー。普段はなかなか公開されない、マシンの内部をバッチリご紹介しちゃいましょう!

コレまでは、プロトタイプの進化をご紹介してきましたが、ついに、パパチャリの量産モデルが完成!! 練りに練ってきたディテールの作り込みも、コレだ! というところまで作り込まれ、いよいよ生産ラインに乗るのを待つばかり。ということで、自転車好きの皆様に、完成お披露目! となったのが、なんとママチャリグランプリ。パパチャリなのに、完成のお披露目がママチャリグランプリって、どういうこと!

大好評のデイトナ定期購読プログラム、皆さんお申込みはお済ですか! この定期購読、お値引きや送料無料のサービスがある以外に、なんとなんと、2カ月に1回プレゼントがもらえちゃうんです! 只今絶賛定期購読を受付中!

★2月のプレゼントは「ロード・ストローラー アクリルフィギュア」! これは見逃せません!

詳しくは「富士山マガジンサービス」で!

http://fujisan.ms/fb-daytona

ページトップへ戻る