Daytona No.299
ニューアルバムのレコーディングが始まりました!

Text: Daytona

2016.04.06

世田谷ベース的 BMW COSTOM PROJECT 第2弾始動!/ 所さんのレコーディングが開始されました!

BMW CUSTOM PROJECT 第2弾始動!ついに始動したニュープロジェクト「世田谷ベース的フラットツインカスタム」がスタート。八ヶ岳にある46ワークスにて撮影したワンカット。コチラがこれから始まるカスタム計画のベースとなるマシン。バラバラになる前に、まずは、ノーマルの姿をとくとご覧下さい。

毎日遊べる50年代。趣味車の世界においてVWビートルほど凡庸な存在も珍しいが、しかしアメリカ由来のカスタム・スタイルが深く浸透し、多くのフォロアーを抱えているという点では稀有な存在といえる。60年以上の長きにわたって作り続けられたVWビートルの中でも、ヴィンテージとして崇められるのは50年代である。VW趣味を突き詰めた結果としてフィフティーズに行き着き、ドラッグレースやカスタムを通して、自らの人生とVWを強く結びつけた6人のオーナーと、アメリカのディープなタイプIIショップにフォーカスし、50年代VWが秘めている尽きることのない魅力を探る。

サンフランシスコ最後のネイバーフッド。ヒッピー、LGBT、スケボー、ピストバイク───これまで様々な文化を生み出してきたカウンターカルチャーの最前線サンフランシスコ。IT産業の隆盛で急激な都市化がすすみ、昔ながらのローカルコミュニティは、日に日に姿を消している。そんな中でも、“古き良きSF”の面影を色濃く残す“最後のネイバーフッド”が、ここエクセルシオールなのだ。ストリートを撮り続けてきた『トラビス・ジェンセン』の写真を通してこの町の魅力に迫ってみる。

究極のキャンプ、ブッシュクラフト。近年、グランピングなるものが現れ、アウトドア遊びはどんどんお気軽で快適な方向へと向かっている。そんな最近の風潮に疑問を持ってる人も多いのではないだろうか? 「カップラーメンとラーメンを一緒にするな!」。そう声高に叫びたい人もいるのではないか? ブッシュクラフトは、そんなインスタント化を続ける昨今のアウトドアカルチャーに対するアンチテーゼである。 これは極端な話、自然の中での生活を創意工夫とナイフひとつで切り拓く、究極のキャンピングスタイルなのだ。

トヨタ・エンジニアの充実シングルライフ。単なるガレージのオブジェじゃ無くて、毎日ガンガン乗るためのホットロッドが1台あるだけで、ライフスタイルは豊かになる。ボディはサビていてもいい、ベースは安くてもいい。譲れないのは極上のドライブトレインとパッション。走ろうぜ! “Everyday Hot Rod”

モンスタージャム初上陸間近!! 日本でのモンスタージャム初開催が迫るなか、本場アメリカではツアー戦の最後を飾る“ワールド ファイナル”がラスベガスで開催された。その興奮の現場の模様を、デイトナが日本最速レポート!

【モンスタージャム日本公開 2016年5月3日(火・祝)〜5月5日(木・祝)】

http://www.monsterjam-japan.com

アメリカの街を駆け抜けた北米仕様のトヨタ車たち。今や世界企業となったトヨタ。 その中でも北米市場での存在感は特に強い。そんな北米でのトヨタの軌跡を一覧できる場所が、カリフォルニア州トーランスにある。

先月プレマシーがDCCを卒業し、現状で3台となったDCCのカスタムレポート。しかし、残るメンバーはその寂しさを吹き飛ばす如く、今日も唯我独尊のカスタムに邁進中です。さて今月のDJ1-Rはラジエターのまわりなど走る為に必要なパーツたちをセットし、ポーターはボディの色決め、そしてマッハは新エンジンの載せ替えをを敢行しました!

ページトップへ戻る