Topics

「RCは専用コースや公園など広い場所で遊ぶもの」
そんな常識を覆す、リビングでも楽しめるRCモデルがあることを知っていますか?

【タミヤ】リビングで楽しめる新感覚3輪RC

Text:Daytona

2020.09.17

スピードを出さずとも、“走る・止まる・曲がる”の操る面白さを体感でき、そのコミカルな姿が人気を博す、3輪バイクの「ダンシングライダー」

.

1/8 トリプルホイール ダンシングライダー
(完成モデル)2万3980円

送信機のトリガーを握り、走り出したらカーブの手前でステアリングを回す。車体をガクンッと傾けるので一瞬「倒れる!」とドキッとするが大丈夫。ステアリングを離せば自然と車体を起こして走り抜ける。このコーナリングが面白くて、スパッとキレイに曲がれると快感。まっすぐ走るよりも曲がるのが楽しいから、オススメの遊び方はスラローム。自宅で、テーブルの足をパイロンに見立てて、ジグザグに走ってみるのもいい。家族みんなで盛り上がること間違いない。

↑左/シャーシはRCメカやバッテリーを搭載するフロントセクション、モーターやギアボックスを搭載するリアセクションで構成。右/ステアリングサーボがリアセクションを動かす反作用でフロントセクションが左右にロールする仕組み。

「ダンシングライダー」の特筆すべきポイントは、車体がゴロンと転倒した時には、ステアリング操作により自力で起き上がってくれること。転ぶたびに起こしにいく手間がないだけでなく、その起き上がる姿も、思わず「ヨイショ!」と声をかけたくなるほどに愛くるしいのである。

↑左/サポートアームがサーボと連動することで起き上がり動作をサポート。右/ボディホルダーを兼ねたサイドガードにより転倒によるボディ破損も防いでくれる。

もうひとつ嬉しいのは、このダンシングライダーは走行用のLF1100バッテリーだけでなく、付属の電池ボックスにより単3形アルカリ電池4本でも走行できること。バッテリーを買い足すことなく、手軽に楽しめるRCなのである。

↑左/ダンシングライダー用の走行用バッテリーはサイズが70×38×20mmのLF1100バッテリー。右/本体には単3形乾電池用のバッテリーケースも付属。

近未来デザインの「デュアルライダー」も! 走行動画は必見。

1/8 トリプルホイール デュアルライダー
(完成モデル)2万3980円

 ダンシングライダーと同じ3輪シャーシT3-01には、近未来のデュアルパーパス・シティコミューターをイメージしたボディの「デュアルライダー」もラインナップ。組立キット(1万2980円)なら、Tシャツ姿のライダーのヘルメットはチンガード、バイザーが別パーツで用意。表情が異なる目元のステッカーと組み合わせて、ライダー人形もカスタムして楽しむこともできるのだ。

もう、ダンシングライダー&デュアルライダーが気になってしょうがない!
そんなアナタは最後に実車の動きを動画でチェック!!

屋外でも、家の中でも楽しめる新感覚3輪RC。自宅で過ごす時間も増えた今だからこそ、ぜひ一度、遊んでみてはいかが?

 

撮影協力:株式会社タミヤhttps://www.tamiya.com/japan/index.html

ページトップへ戻る